施設入所[介護保健施設サービス]

介護を必要とする高齢者の自立を支援し、医師による医学的管理の下、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士によるリハビリテーションを行います。また看護、介護といったケア、栄養管理を行い在宅復帰を目指します。在宅においては、療養生活も支援し「在宅ときどき施設」となり、出来る限り住み慣れた地域で家族と暮らせるよう支援します。

医療

  • 医療
  • 常勤の医師と看護師(24時間常駐)が施設内におり、安心して療養できます。

リハビリ

居宅における生活が出来るようリハビリをとおして支援します。

  • 理学療法(PT)

    PT(理学療法)

  • 作業療法(OT)

    OT(作業療法)

  • 言語聴覚療法(ST)

    ST(言語聴覚療法)

認知症短期集中リハビリテーション

認知症短期集中リハビリテーションは、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの機能訓練士が、入所した日から3ヶ月間、集中的に個別にリハビリを行います。
集中的にリハビリを行うことで、認知症の進行を予防しながら心の健康(意欲・活動性の向上)の改善を図ります。また日常生活動作(ADL)を維持・改善し、少しでも安心した在宅生活を送れるようにすることを目的としています。

多職種協働

  • 多職種協働

    多職種が参加してミールラウンド風景

  • 医師を中心とした全ての職員がそれぞれの専門性を活かし、施設サービス計画にもとづいて安心できる医療・介護を提供していきます。

在宅復帰と在宅支援

  • 在宅復帰と在宅支援
  • ご利用者とご家族が安心して在宅生活に戻れるよう、在宅復帰に向けてご自宅へお伺いし、ご家族と在宅支援の連携を図ります。

一般棟

入所者の機能低下を防止する観点から、入所生活において自分で出来ることは最後まで自分ですることを目的に、医師、介護福祉士・看護師・機能訓練士・管理栄養士等の多職種が関わり合いながら、カンファレンスを通じ入所者の残存機能の維持又は向上に努めています。

体操、レク、クラブ活動は勿論のこと、日々のアクティビティにも力を入れています。更に年間行事にはご家族をご招待し、家族と一緒にお食事会を行っています。

  • 多職種での会議

    多職種での会議

  • 生け花のアクティビティ

    生け花のアクティビティ

認知症専門棟

行動障害の著しい高齢者に対して、定床50床で1ユニット15名前後で介護を行っています。

  • 療養棟2階(認知症専門棟)

    お茶会の風景

  • 認知症高齢者の方には大集団での生活は適さず「個人の顔」が見えるユニットを作り介護を行っています。ユニットを作り小グループに分けることで、家庭的で個人に合わせた細やかな介護を可能にします。認知症高齢者が苦手とする環境の変化を与えることも少なくなるため、家庭にいるようなリラックスできる空間を提供することができます。いつも同じ職員と入所者が生活することで、そのユニット全体が一つの家庭のように機能します。

ご利用料金

○利用対象者 要介護1以上
○利用料金 概算 102,200円/月(要介護3の場合)
   
内訳
(利用者負担)
介護保険1割負担 1,100円/日
(4人部屋の場合)
食費(昼食) 1,600円/日
居住費 500円/日
日用品費 200円/日
教養娯楽費 200円/日
リハビリ(3ヶ月のみ) 240円/日
個室・2人床をご希望される場合、下記の金額が加算されます。
個室 3,240円/日
2人床 1,620円/日
お問い合わせ受付:月~土曜日 9:00~17:30 0120-58-6781(日曜休日)